Javaの可能性と必要性

IT業界の人気者

開発現場の大きなギャップ

エンジニアとして仕事をしていくための道を切り開くためのスキルアップとして、トレンドとして広く利用されるようになってきているjavaを用いたプログラミングをできるようになるという方法があります。オンラインゲーム制作からクラウドシステム開発、ソーシャルアプリ開発、Web解析等、非常に幅広い仕事が担えるようになることから有用なスキルアップとなりますが、その職場の様子にも大きなギャップがあることには留意が必要となります。

オンラインゲーム制作では比較的小規模なグループによって行われることが多くなってきており、場合によっては単独のフリーエンジニアに発注されることすらあります。短時間で楽しめる手軽なものが望まれる傾向が強くなってきているからであり、その需要に応えるように比較的簡単なシステムを搭載した手軽なゲームを数多く制作する方向に進んでいる企業が多いのです。

一方、クラウドシステムの開発ともなると状況が異なってきます。企業として一大システムの開発となる場合も稀ではなく、数多くの人材を投入する傾向があり、その一端を担うことになるでしょう。企業の命運を賭けた開発となることすらあるのがこういった大型のシステム開発のプロジェクトです。

このように同じjavaを扱うエンジニアであっても携わる現場によって規模も雰囲気も異なります。必要とされる力量も異なるため、スキルに合った現場を選ぶことも重要な要素となるでしょう。


コメントを残す